ウリボウ家の日々のごはん

ハードルの低い日々のごはん等を紹介。料理が苦手なウリボウの雑記ブログ

【ぶどう】をそのまま食べるだけじゃない!美味しい活用法2つ

f:id:uriboudayo:20190909102123j:plain

 こんにちは。ウリボウです。 

 今回は ブドウのそのまま食べるだけじゃない美味しい活用法を2つご紹介します。

 美味しいぶどう

 

 ぶどうの美味しい季節になりましたね。

ぶどうにも流行の種類があるんでしょうか?

最近はシャインマスカットのようにに皮を剥かずに食べられる種なしぶどうが多く流通しているようですね。

 

ウリボウ家の子供たちはお店で色々なぶどうの種類を見かけると「端からみんな食べたい~」とのたまう程ぶどうがお好きな方たちです。(私もです)

 

美味しいぶどうが旬を迎えるこの時期は家族に「夕飯に何か食べたいのある?」と聞くと「ぶどう!!」と返事が返ってくるほどです…。

 

確かに、ブドウなどの甘いフルーツって食べると幸福感に包まれるんですよね。(私だけでしょうか?)

 

  

こんなにぶどう好きだと色々なところで話していたら、ひょんなことから大量にぶどうを頂きうれしい悲鳴です。Wさんありがとうございます。

すぐに食べきれない分はおすそ分けも、冷凍保存もしましたが、まだ冷蔵庫の野菜室にはぶどうが沢山!うれしいな~!!

 

折角なので贅沢にぶどうを使って色々作ってみました。

今回はその中でも評判の良かったものを2つご紹介したいと思います。

  

ブドウをそのまま食べるだけじゃない美味しい活用法を2つご紹介します。

 

ぜひお試しくださいね。 

 

 

 

1. 【ぶどう】をタイカレーに!刺激が和らぎ子供たちにも大好評!

 

たまたま頂き物の市販のタイカレーの素を使ってカレーを作ったら、ものすごい辛さで大人も食べられない…。

そこで贅沢にもぶどうを投入してみると、驚くほど刺激が和らぎ子供たちにも大好評でした。

砂糖やはちみつでは押さえられなかった刺激が、ぶどうの爽やかな甘さに包まれとても美味しいカレーになりました。

ご紹介しますね。

  材料 (4人分)

  • ぶどう       1/2房くらい
  • 鶏むね       1枚
  • 玉ねぎ       1個
  • ジャガイモ     3個
  • しめじ       1パック
  • タイカレーの素(液状)4人分
  • 砂糖・はちみつ   お好みで
  • 油         大さじ2
  • ごはん       4人分

 用意するもの

  • フライパン
  • マッシャー

  作り方 

  1. ジャガイモの皮を剥き一口大に切る。玉ねぎを1cm幅に切る。
  2. 鶏肉を一口大に切る。
  3. しめじを小房に分ける。
  4. ぶどうの皮を剥きマッシャーでつぶす。種を取る。
  5. フライパンに油をひき、中火で2を炒め肉の色が変わったら1も加え炒める。
  6. 5にタイカレーの素を加え煮立たせる。
  7. 6.に3.4を加え10分煮る。お好みで砂糖、はちみつで味を調整してください。
  8. ごはんを盛ったお皿に7をかける。

  出来上がり

 

 ポイント

  • 出来立てより一度冷めたカレーを温め直した方が刺激が柔らかく感じます。
  • ジャガイモは大きすぎると火の通りに時間が掛かるので小さめにしました。
  • 市販のタイカレーの素はロイタイ・グリーンカレースープを使いました。
  • ぶどうの品種は不明ですが、種ありのマスカット様の色味で大変甘い品種でした。

 

アレンジ

  •  完成したものに目玉焼きをのせると家カフェっぽくなります。

 

 

2.余った【ぶどう】で贅沢サングリア風ジュース

 

サングリアはお酒ですが、今回はお子さんでも飲めるようにワインではなくブドウジュースに変えて作りました。

炭酸水で割るのもおすすめです。

大人の場合はワインを使っても結構です。

ご紹介しますね。

 

材料(作りやすい分量)

  • ぶどう      1/2房くらい
  • ブドウジュース  300~500ml
  • オレンジジュース 100㎖くらい
  • お好みのフルーツ 好きなだけ

 

用意するもの

 

  • ボウル 
  • マッシャー
  • コーヒーポット

   (適当な容器) 

 作り方

  1. ぶどうの皮を剥きボウルに入れる。
  2. 1をマッシャーで軽くつぶす。
  3. コーヒーポットにお好みのフルーツ、ブドウジュース、オレンジジュースを入れ混ぜる。
  4. 3を軽く混ぜ蓋をして冷蔵庫で2~3時間置く。
  5. グラスに氷を入れ、4を網で濾しながら注ぐ。

   出来上がり

 

  ポイント

 

  • 味が馴染むように2~3時間冷やすと美味しいです。
  • ぶどうの果肉もとっても美味しいので一緒に食べるのもおすすめです。
  • お好みで加えるフルーツはブルーベリーやリンゴ等もお試しください。
  • オレンジジュースは果汁100%を使います。
  • ぶどうの品種は不明ですが、種ありのマスカット様の色味で大変甘い品種でした。

 アレンジ

  • 今回は果汁100%ぶどうジュースを使いました。なるべく果汁の%が高いジュースがおすすめです。
  • 炭酸水で割るのもおいしいです。
  •  大人はぶどうジュースをワインに変えてもおいしいです。

 まとめ

 

今回はブドウのそのまま食べるだけじゃない美味しい活用法を2つをご紹介しました。

 

1.【ぶどう】をタイカレーに!刺激が和らぎ子供たちにも大好評!

2.余った【ぶどう】で贅沢サングリア風ジュース

 

 いかがでしたか?

 

 

贅沢にぶどうを使って色々作ってみましたが、そのままのぶどうも十分おいしいですよね。

 

みなさんもおいしいぶどうを食べて幸福感に包まれませんか?

 

今回ご紹介したぶどうの美味しい活用法2つをぜひお試しくださいね。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。